MacBook Pro 2016のOLEDタッチバーコンセプト画像が公開!用途によってキーの切り替えが可能に?

MacBook Pro 2016 concept-1

Cult of MacはOLEDタッチバーが搭載されたMacBook Pro 2016のコンセプト画像を公開しました。

Sponsored Links

用途によってキーを切り替え可能に?

MacBook Pro 2016 concept-2

公開されたコンセプト画像ではタッチバーのキーの色は他のキーと同じ黒に統一されており、これまでとあまり違和感のないデザインとなっています。

MacBook Pro 2016 concept-3

このコンセプトではタッチバーは用途によってキーを切り替えることが可能になっており、例えばイラストを編集したい場合は専用のショートカットキーが表示されるという仕組みになっているようです。

このようなコンセプトはLenovoの第2世代ThinkPad X1 Carbonでもありました。

このThinkPadでは音量変更や輝度変更、ファンクションキーなどの各種機能に切り替え可能となっているのが特徴でした。

しかし、物理キーが搭載されていないことからブラインドタッチがほぼ不可能で、光の加減によってはキー自体が目視困難とユーザーからの不評も多かったことから第3世代ではこのキーが廃止され、普通の物理キーに戻っています。

今回のMacBook Pro 2016ではOLEDタッチバーが搭載されるものと思われますが、便利なショートカットキーを自由に切り替えられる反面、ThinkPadのような問題が起こらないか気になるところではありますね。

参考:すまほんCult of Mac
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。