MacBook Pro Retina 13からMacBook 12 2016に買い換えて思ったこと

MB12&MBPR13-8

MacBook Pro Retina 13インチ 2013年モデル(以下MBPR13)からMacBook 12インチ 2016年モデル(以下MB12)に買い換えて1ヶ月近く経ちますが、今回は買い換えてみて思ったことについてまとめてみました。

Sponsored Links

持ち運びが格段に楽に!

MB12最大のメリットは間違いなく持ち運びのしやすさでしょう。

1.57kgのMBPR13を持ち運んでいたときと比べますと、920gのMB12は持ち運びが格段に楽で、サイズも非常にコンパクトなので、どこでも手軽に作業できるようになりました。

また、本体だけでなく、ACアダプタも大幅にコンパクトになった点も素晴らしいです。長期的に外出する際にはACアダプタは必須なので、この小型化はうれしいところです。

詳しくは外観比較記事からどうぞ。

MacBook 12とMacBook Pro Retina 13の外観を詳しく比較してみた
今回は先日購入したMacBook 12インチ(以下MB12)と前に使っていたMacBook Pro Retina 13インチ(以下MBPR1...

バッテリーがより長く!

持ち運びの良さに関連することですが、MB12はMBPR13よりもバッテリー駆動時間が長いです。

公称値のバッテリー駆動時間はMBPR13が9時間、MB12は10時間となっていますが、実際に使ってみると明らかにMB12のほうがバッテリー持ちが良くなっています。

MBPR13を使っていたときもバッテリー持ちに関しては特に不満はなかったのですが、それよりも長持ちするようになったので、バッテリー持ちはかなり満足です笑

もはや1日外出する程度ではACアダプタは必要ないほどですね。

キーボードは慣れると快適に!

MBPR13との大きな違いとしてMB12はキーボードにバタフライメカニズムという機構を採用している点があります。

このキーボードはこれまでよりもキーは大きいのですが、キーストロークがかなり浅く、最初は違和感があると思います。ただ、こちらのキーボードのほうがカチカチと小気味良く打てるので、慣れると快適ですし、なにより使っていて楽しいです笑

これだけコンパクトなスペースにフルサイズのキーボードを搭載している点も素晴らしいですね。

ちなみにトラックパッドは従来の物理的な機構から感圧タッチ式に変わっているのですが、こちらはむしろ違和感がないです笑

スピーカーの音質がかなりいい!

MB12はMBPR13よりもスピーカーの音質が格段に良くなっています

このあたりは実際に聞いてみないとわからないところでしょうけど、個人的にはMBPR13よりもかなり良くなっているように思います。音量を上げても音割れはしなくなりましたし、低音から高音まで明瞭に聞こえるクリアな音質となっている印象です。

おそらくはMBPR13のスピーカーはプラスチック製だったのに対し、MB12のスピーカーは金属製となっていることが関係しているのかもしれません。

スピーカーの音質向上により、音楽や動画視聴などもかなり快適です。

ディスプレイの画質もかなり良い!

MB12を買った理由の一つにRetinaディスプレイを搭載しているという点がありますが、やはりRetinaディスプレイの画質はかなり良いです。

これはMBPR13にも搭載されていましたが、比較してみたところMB12のほうが色合いやコントラストなどが改善されている気がします(詳しくは外観比較記事参照)

また、12インチながら1440×900まで作業領域を広げられる点も素晴らしいですね。

性能にも不満なし!

MBPR13からMB12に買い換える上で一番気になっていたのが、性能差ですが、今のところ性能には全く不満はないです。

自分はMacBookでブログ編集や画像編集、複数のウェブブラウザ表示などを行っているのですが、これらの作業を行う分にはMBPR13のときと同様にMB12でも快適に作業が行えています

実際にベンチマークでも性能を測定してみましたが、MB12はMBPR13に近いスコアとなっていました(以下の記事にて比較しています)

MacBook 12 2016 Core m7(1.3GHz)モデルのCPU、GPU、SSD性能を測定、比較してみた
自分は2013年MacBook Pro Retina 13インチから2016年MacBook 12インチ Core m7モデルに買い...

これほどの性能を実現していながらMB12はファンレスなので、技術の進歩の凄まじさというのをつくづく感じますね笑

拡張性も十分!

MB12はUSB-C端子一つのみととても割りきった設計となっていますが、実際USB-C端子一つで十分ですね。

対応するアダプタがあれば、フルサイズのUSBやHDMI端子などに拡張できますし、最近はインターネット経由でのデータ転送が普及していますので、USBを使う機会もそこまでありません。

できればThunderbolt 3に対応してほしかったところですが、これでも十分といえば十分です笑

まとめ

MB12に関して様々な良い点を述べましたが、はっきり言うとこの製品、良くも悪くもMBPR13を使っていたときとその使い勝手にあまり差がありません

もちろんデザインやキーボード、画面サイズ、スピーカー、重さなど違いはあるのですが、使い勝手に関してはほぼMBPR13と同じなのです。

それはもはやMBPR13の時点でかなり満足していたので、そのように感じるのかもしれません。

とはいえ、MB12にはとても満足しています。

MB12は軽量かつコンパクトなPCを求める人にとってはまさしく最高なノートPCなのではと思います。

MBPR13とMB12の外観比較

MacBook 12とMacBook Pro Retina 13の外観を詳しく比較してみた
今回は先日購入したMacBook 12インチ(以下MB12)と前に使っていたMacBook Pro Retina 13インチ(以下MBPR1...

MBPR13とMB12の性能比較

MacBook 12 2016 Core m7(1.3GHz)モデルのCPU、GPU、SSD性能を測定、比較してみた
自分は2013年MacBook Pro Retina 13インチから2016年MacBook 12インチ Core m7モデルに買い...

MB12の外観レビュー

MacBook 12 2016 シルバー開封の儀&外観レビュー
本日念願のMacBook 12インチ2016年モデルが届いたので、恒例の開封の儀と外観レビューを行ってみました!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。