MacBook 12インチ2016年モデルの4つの残念な所

MacBook 12 2016-2

4月19日にAppleよりMacBook 12インチ2016年モデルを発表され、CPU、GPU性能やバッテリー駆動時間の向上などがアップデートされましたが、残念な所もありました。

今回はその4つの残念な所を説明しようと思います。

Sponsored Links

1.価格が据え置き

去年発売されたMacBook 12インチはスペックのわりに価格が148,000円(税別)と高めの価格設定でした。

これは新製品にはよくあることで、研究費などの都合上、新型モデルは高くなる傾向にあります。

しかし、やはりこれでもスペックを考えますと高いので、さすがに今回のモデルでは多少の値下げが行われるだろうと思っていたのですが、価格は据え置きの148,800円(税別)

この価格はやはり残念ですね。

2.FaceTimeカメラの解像度が480pのまま

最近のカメラは高画素化が進む中、MacBook 12インチ2016年モデルは前モデルと同じ480pのままとなっています。

MacBook Airですら720pなのに、MacBook 12インチはそれすらも下回るカメラ解像度となっています。

せめて720pまで上げて欲しかったところです。

3.Bluetoothのバージョンが4.0のまま

iPhoneやiPadでは軒並みBluetooth 4.2に対応しているのにMacBookでは4.0のままとなっています。

Bluetooth 4.2では転送速度が2.5倍高速化され、さらなる省電力化も実現されているのですが、このバージョンをなぜMacBookで対応しなかったのかは疑問です。

対応すればBluetooth経由でのiPhoneとのインターネット共有などがより快適になると思うのですが…

セキュリティを強化し、2.5倍高速になった「Bluetooth4.2」が策定!
Bluetoothの規格策定を行うBluetooth SIGが、セキュリティ強化と高速化を実現した「Bluetooth4.2」を発表...

4.USB-CがUSB3.0並の速度(5Gbps)のまま

正直なところこれが一番残念な所です。

最近のWindowsPCではThunderbolt 3というUSB-Cと同じ形状ながら40Gbpsの速度を誇る端子を搭載するPCが増えているのですが、MacBook 12インチ2016年モデルではこれを非搭載

Thunderbolt 3は転送速度だけでなく、様々な機能性を持つ端子で、MacBook Proに真っ先にThunderbolt端子を採用したAppleなら間違いなく採用するだろうと思っていたのですが、なぜか搭載しませんでした。

圧倒的な機能性!USB Type-Cコネクタ採用、40Gbps、最大100Wの電力供給に対応した「Thunderbolt 3」
IntelはComputex 2015においてThunderboltの次世代規格となる「Thunderbolt 3」を発表しましたが...

百歩譲ってThunderbolt 3はいいとしてもせめてUSB3.1 Gen.2の10Gbpsには対応して欲しかったですね。なぜUSB3.1 Gen.1の5Gbpsのままなのか…この点は本当に残念です。

今回のアップデートは個人的に主にインターフェイスの改善に期待していたのですが、その願いはかなわず、インターフェイスは全て据え置きとなっています。

しかし、Skylake世代のCPUを搭載することで性能面は多少向上し、バッテリー駆動時間も1時間延びています。

SSD性能やメモリ性能なども向上しており、内部のスペックは確実に向上したモデルと言えそうです。

Apple、新型MacBookを正式発表!Skylake世代CPU採用でバッテリー持ち、GPU性能が向上!
Appleは本日、MacBook 12インチの新型モデルを正式発表しました。
2016年MacBook 12インチはCPU性能が15〜18%向上し、SSD書込速度は最大90%高速化!
先日発表されたMacBook 12インチ2016年モデルですが、前モデルよりCPU性能が15〜18%向上し、SSDの書き込み速度は最大90%...

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。