MacBook Retina 13インチ(Late 2013)が届いたので開封の儀を行ってみた

f:id:smco:20140330122417j:plain

本日ついに「MacBook Retina 13インチ(Late 2013)」が届きました。

スペックは

  • CPU Corei5 2.6GHzデュアルコア
  • メモリ 8GB
  • ストレージ 256GB 
  • USキーボード

にしました。

せっかくなので「開封の儀」を行ってみました。

Sponsored Links

まずは箱から

f:id:smco:20140330122813j:plain

非常にシンプルな箱です。

箱を開けるとMacBook Proがあります。

f:id:smco:20140330122914j:plain

MacBook Proの下にはACアダプタとそのケーブル、説明書があります。

f:id:smco:20140330123656j:plain

すっきりきれいに配置されています。

MacBookに包まれているビニールを剥がしていきます。

f:id:smco:20140330123915j:plain

MacBook Pro本体です。

f:id:smco:20140330112647j:plain

Airに比べると厚みがありますが、このおかげでAirよりも丈夫そうに見えます。

開けると和紙がディスプレイをカバーしています。

f:id:smco:20140330112519j:plain

和紙を取るとガラス製の黒いディスプレイが登場。

f:id:smco:20140330113117j:plain

ガラスとアルミニウムの高級感が半端ないです。

起動。ジャーンという音とともにAppleのロゴが登場。

f:id:smco:20140330113232j:plain

ここからいろいろ設定していきます。

まずは使う言語の設定をします。

f:id:smco:20140330113715j:plain

そのまま続けます。

f:id:smco:20140330113817j:plain

キーボードの入力環境を設定します。

f:id:smco:20140330113850j:plain

とりあえずMacの日本語入力は「ことえり」なので「ことえり」を設定します。

Wi-Fiネットワークを設定します。

f:id:smco:20140330113918j:plain

Macに以前のバックアップなどを転送するか設定します。

僕はもう一度ソフトなどをインストールしなおすつもりなので「今は情報を転送しない」を選択。

f:id:smco:20140330114227j:plain

Apple IDでサインインします。

f:id:smco:20140330114358j:plain

利用規約に同意します。

f:id:smco:20140330114519j:plain

コンピュータのアカウントを作成します。

f:id:smco:20140330114818j:plain

最後にキーチェーンの設定とこのMacApple IDに登録するか設定します。

f:id:smco:20140330114934j:plain

以上を終えるとやっとデスクトップ画面へ

f:id:smco:20140330115153j:plain

デスクトップ画面がすごい綺麗です。文字もかなり滑らかになってます。さすがRetina

MacBook Air 13インチ(Mid 2012)から買い替えたのですが、Airより多少重くはなったもののこちらの記事でも書いたようにそれ以上の魅力がたくさんありますので、結果的に買い替えてよかったと思ってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>