新型のMacBook Airがなかなか発売されない理由は打ち切りされたから!?

macbook air 2015

最新のSkylakeプロセッサが発売されてしばらく経つのに一向に発売される様子のないMacBook Airですが、すでに打ち切られた可能性が出てきました。

Sponsored Links

MacBook Airは打ち切り!?

MacBook Airの新モデルがなかなか発売されない理由は発売が延期されたからではなく、打ち切りになったからと複数の海外メディアで推測されています。

実際、AppleはMacBook Airの上位互換とも言える薄型軽量でRetinaディスプレイ搭載のMacBook 12インチを発売していますし、最近ではMacBook Air 13インチ並のサイズのiPad Proも発売しています。

このことからMacBook Airの新モデルの発売は打ち切りになる可能性は十分考えられますが、MacBook Airは他のモデルにはない大きな特徴として価格が安いということがあります。

Retinaディスプレイを必要としない人にとってはMacBook Airのディスプレイでも十分でしょうし、携帯性もよく、性能も十分高性能です。

そのため需要はあると思うのですが、もうスペックは十分であるからこそ新モデルは発売しないということなのでしょうか。

なんにせよこれらは憶測にしかすぎませんし、新モデルが発売されていないのはMacBook Airだけでなく、MacBook、MacBook Proも同じです。

単純にCPUの提供が遅れているだけなのかもしれません。

ちなみに次期MacBookシリーズは来年の春に発売するとの情報があります。

Skylake搭載の次期MacBook Air,Proの発売は2016年春まで延期か!?
海外サイトYIBADAによりますと、次期MacBook Air、Proの発売は2016年の春に延期されるとのことです。

※追記

全く新しい新設計のMacBook Airに関する情報が出てきました!!

全てが新設計のMacBook Air、来年のWWDCにて発表か!?
經濟日報によりますと、サプライチェーンの情報として、Appleが2016年第3四半期に、大幅な改良を施した新型MacBook Air...

参考:GIZMODO
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。