Broadwell世代のMacBook Pro/AirのGeekbench3によるベンチマークテスト結果が公開!

先日のスペシャルイベントにてBroadwell世代のCPUを搭載したMacBook Pro Retina 13インチとMacBook Airが発表されましたが、さっそくGeekbench3によるベンチマークテスト結果が公開されました。

Sponsored Links

MacBook Pro Retina 13インチのスコア

MacBook Pro Early 2015-geekbench

スコアを見てみますと、Early 2015(最新モデル)は最も低いCore i5(2.7GHz)モデルでも「6161」とパフォーマンスが比較的高いことがわかります。

Early 2015のCore i5(2.9GHz)モデルは「6395」とMid 2014(前モデル)のCore i7搭載モデルの「6357」よりもスコアが高く、Early 2015のCore i7搭載モデルは「6741」とさらに大きくスコアを引き離しています。

MacBook Airのスコア

MacBook Air Early 2015-geekbench

MacBook Airは同じBroadwell世代のCPUでもスコアの差が大きく広がっています。

Early 2015のCore i5モデルは「5094」とMid 2012のCore i7モデルの「5167」に劣るスコアですが、Core i7モデルは「6251」最新のMacBook ProのCore i5(2.7GHz)モデル「6161」を上回るという驚愕の結果になっています。

Broadwell世代のMacBook Air Core i7モデルのスコアが同世代のPro core i5モデルを超えるという予想外に高いスコアとなりました。

MacBook Pro Retina 13インチの最安モデル(Core i5 2.7GHz/RAM 8GB/SSD 128GB)が144,800円(税別)

MacBook Air 11インチのカスタマイズモデル(Core i7 2.2GHz/RAM 8GB/SSD 128GB)が132,800円(税別)(13インチモデルは142,800円)

となることを考えますと、CPU性能で言えばAirのカスタマイズモデルを買ったほうがお得ということになります。ただ、Geekbench3のスコアは主にCPU性能が関係しており、GPU性能はあまりスコアに関係しませんので、GPU性能で言えばIris Graphics 6100を搭載しているProのほうが上だとは思います。

MacBook Air Core i7モデルは携帯性、CPU性能に優れ、できる限り安いMacBookがほしい人向けの製品になるものと思われます。

参考:MacRumors
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>