macOS High Sierraに早くも脆弱性見つかる⁉︎パスワード等が流出の可能性

macOS High Sierra-1

本日配信が開始されたばかりのmacOS High Sierraですが、セキュリティアナリストのpatrick wardle氏キーチェーンに保存されているユーザー名やパスワードが流出する危険性があると指摘しています。

Sponsored Links

Mac App Store以外のアプリに注意

同氏によりますと、この問題はMac App Store以外からインストールされたサードパーティ製のアプリ経由で起こるとのこと。

同氏は実際にmacOS High Sierraでセキュリティ情報を入手する動画を公開しています。

この脆弱性を回避するにはMac App Store以外の悪意のあるサードパーティ製をダウンロードしないようにすることとしています。

これはかなり恐ろしい脆弱性です。

MacユーザーならMac App Store以外のサードパーティ製のアプリをダウンロードすることはよくあることかと思いますが、この脆弱性によりパスワード情報などが流出してしまう恐れがあるようです。

開発元不明のサードパーティ製のアプリをインストールしていてそれがどうしても必要だという人は念のためmacOS High Sierraにはアップデートしないほうが良いでしょう。

参考:MacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。