「OS X Yosemite 10.10.2」が正式リリース!Wi-Fi、VoiceOverなどの不具合改善とパフォーマンス向上

OS X 10.10.2

Appleは本日ついに「OS X Yosemite 10.10.2」の正式版をリリースしました。

Sponsored Links

アップデート内容

  • Wi-FIが接続解除される問題が解決されます
  • Webページの読み込みが遅くなる問題が解決されます
  • “メール”の環境設定でリモートコンテンツの読み込みを無効にした場合、Spotlightではメールのリモートコンテンツが読み込まれてしまう問題が修正されます
  • Bluetoothヘッドフォンを使用しているときのオーディオとビデオの同期が改善されます
  • Time MachineでiCloud Driveをブラウズする機能が追加されます
  • VoiceOver読み上げのパフォーマンスが向上します
  • Webページでテキストを入力するときにVoiveOVerが文字をエコーする問題が解決されます
  • 入力プログラムの言語が突然切り替わる問題が解決されます
  • Safariの安定性とセキュリティが向上します

今回のアップデートではマイナーアップデートながら非常に多くの不具合改善とパフォーマンス改善が含まれています。Yosemiteの不具合に悩まされていた方は待望のアップデートと言えるでしょう。

Yosemiteユーザーははやめにアップデートしておくといいでしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。