「OS X Yosemite 10.10.2」のベータ版2を開発者向けに提供開始!未だに報告されているWi-Fiの不具合を中心に改善

OS X 10.10.2

Appleは本日、「OS X Yosemite  10.10.2」のベータ版2を開発者向けに提供を開始しました。

Sponsored Links

今回のアップデート内容は未だに報告されているWi-Fiの不具合を中心に改善されているとのことです。

前回の「OS X 10.10.1」はベータ1が公開されてから2週間で正式版がリリースされましたが、今回の「OS X 10.10.2」はベータ1リリースから2週間後にベータ2が配布される形になりました。

この流れだと次回のアップデートは2週間後ということでしょうか?

なかなか改善に時間のかかっているOS X Yosemiteですが、今回のアップデートでWi-Fiの不具合を完全に直してほしいものです。

参考:9to5Mac
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。