OS X Yosemite 10.10.1にアップデート後もWi-Fi接続に関する不具合が報告されている模様

OS X Yosemite2

先日Wi-Fiに関する不具合が改善された「OS X Yosemite 10.10.1」が配布されましたが、依然として一部のユーザーからWi-Fiの不具合が報告されているとのこと。

Sponsored Links

Appleのサポートフォーラムにおいて「OS X Yosemite 10.10.1」にアップデート後もWi-Fi接続に関する不具合が報告されているようです。

対処法はWi-Fiの設定をリセット、SMCのリセット、Bluetoothをオフにする、Wi-Fiを2.4GHz帯または5GHz帯のどちらか片方のみの使用などがあるようです。

この他にもBluetooth接続が不安定になったり、CPU使用率が高くなる問題も少数ですが報告されており、まだ不具合が残っている模様です。

まだOS X Yosemiteのアップデートをしていない人は少し様子を見たほうがいいかもしれませんね。

参考:気になる、記になる…

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。