「macOS High Sierra 10.13追加アップデート」が配信開始!パスワード流出の重大な脆弱性が修正へ

macOS High Sierra update-1

Appleは本日、「macOS High Sierra 10.13追加アップデート」を配信開始しました。

Sponsored Links

2つの重大な脆弱性が修正へ

今回のアップデート内容と表示されているのは以下の通りです。

  • インストーラの堅牢性を向上
  • Adobe InDesignを使用する際のカーソルのグラフィックスの問題を修正
  • メールで”Yahoo”アカウントからメールメッセージを削除できない問題を解消

表面上はこれだけですが、この内容以外にもパスワード流出の恐れがある以下の2つの重大な脆弱性が修正されています。

  • ディスクユーティリティに「パスワード」が「パスワードのヒント」として表示されてしまう脆弱性が修正
  • App Store以外のアプリケーション経由でキーチェーン内に保存されたパスワードを入手できてしまう脆弱性が修正
macOS High Sierraに早くも脆弱性見つかる⁉︎パスワード等が流出の可能性
本日配信が開始されたばかりのmacOS High Sierraですが、セキュリティアナリストのpatrick wardle氏がキーチ...

このアップデートではやっとパスワード流出の重大な脆弱性が修正されたようです。

この脆弱性でなかなかアップデートに踏み切れませんでしたが、これならひとまず安心してmacOS High Sierraにアップデートできそうです。

参考:APPL.Ch
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。