2015年Lucky Bagに入っていたモバイルバッテリーが機能性、携帯性に優れてかなり便利だった件

 juice pack powerstation-1

2015年のLucky Bagに入っていたモバイルバッテリー「mophie juiace pack powerstation」ですが、思いの外機能性に優れ、持ち運び用としてもかなり使えることがわかったので、詳しく紹介したいと思います。

Sponsored Links

スペック

本体サイズ:約58(W)×104(H)×14(D)mm

重さ:約123g

容量:4,000mAh

最大出力:2.1A

給電端子:USB×1

注目なのがコンパクトサイズなのに最大出力2.1Aに対応しているところです。これにより、高速充電が可能になり、iPadなどのタブレットの充電も可能になります。これはコンパクトなモバイルバッテリーにはなかなかない特徴です。

容量は4000mAhあり、モバイルバッテリーとしては十分な容量で、重さも123gと軽量です。サイズがコンパクトなので、カバンに入れて持ち運ぶ際もかさばらずに済みます。

外観

正面

juice pack powerstation-2

正面はApple Store限定のデザインとなっています。周りに金属製のフレームがついていて強度を高めているようです。

手前に充電容量確認用のランプとボタンがあります。

ボタンを押すと容量に応じてランプが点灯します。

juice pack powerstation-3

端子側

juice pack powerstation-4

給電用のUSB端子と本体を充電する用のmicroUSB端子です。

側面(ボタンがない側)

juice pack powerstation-5

こちら側はなにもありません。左側にiPhoneのアンテナ部分のようなラインが入っていますが、おそらくただのデザインで特に意味はないでしょう。

背面

juice pack powerstation-6

背面には限定版であることを示す文字が書かれています。背面の質感はマットで、Apple純正品のような高級感が感じられます。

付属品

juice pack powerstation-7

付属品は充電用USBケーブルと説明書、謎のカード(左上)がついてきます。

手持ちのモバイルバッテリーとの比較

コンパクトでいつも欠かさず持ち歩いているPanasonicの「QE-QL104」と比較してみました。

詳しいレビューは以下の記事で

容量、最大出力

juice pack powerstation:4000mAh、2.1A

QE-QL-104:2420mAh、1A

容量と最大出力はjuice pack powerstationの圧勝です。

大きさ

juice pack & qe-ql104-1

juice pack powerstationが約58×104mm

QE-QL-104が約60×100mmなのでほぼ同じです。

厚さ

juice pack & qe-ql104-2

juice pack powerstation:14mm

QE-QL104:11mm

juice pack powerstationのほうが3mmほど厚いです。端子の数は変わりません。

重さ

juice pack powerstation-weight

 qe-ql104-weight

juice pack powerstation:121g

QE-QL104:82g

juice pack powerstationのほうが19gほど重いですが、持ってみると大差ないように感じます。

結果

juice pack powerstationはQE-QL104に置き換わる非常に優秀なモバイルバッテリーであることがわかりました。コンパクトで軽量なのに容量4000mAhで、最大出力2.1Aで高速充電が可能というのは大きいですね。

Lucky Bagにこんなに優れたモバイルバッテリーが入っているとは思いませんでした。

juice pack powerstationはこれからのメインのモバイルバッテリーになることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>