iPhone 8は前面/背面カメラともに1080p/240fps撮影が可能?「マルチ生体認証」なるものにも対応か?

iphone8 concept-30

開発者のGuilherme Rambo氏によりますと、Homepodファームウェア内からiPhone 8の前面カメラ、背面カメラが1080p/240fpsに対応すると思われるコードなどが見つかったことが判明しました。

Sponsored Links

「マルチ生体認証」なるものにも対応?

見つかったコードを見てみますと、”Back1080p240Supported”や”Front1080p240Supported”などの記述があり、現行モデルのiPhone 7の背面カメラで1080p120fpsのみにしか対応していないことからiPhone 8のカメラが1080p240fpsのスローモーション撮影に対応することを示唆しているものと思われます。

また、”Back”、”Front”なる記述があることから背面カメラだけでなく、前面カメラも同様にスローモーション撮影に対応するものと思われます。

また、同氏は”Multi biometrics(マルチ生体認証)”なる記述も発見しています。

これがどのようなものなのかは不明ですが、iPhone 8は3D顔認証や虹彩認証が搭載されると言われていますので、これを組み合わせた生体認証を表しているのかもしれません。もしかするとTouch ID(指紋認証)との組み合わせの可能性も考えられますがどうでしょう。

今回も案の定HomePodからのリーク情報ですが、前面カメラの性能が大幅に上がるというのは素晴らしいことですね。セルフィーなども捗りそうです笑

また、マルチ生体認証なるものが見つかったようですが、これが一体何を示しているのかなり気になりますね。現時点での情報から考えると3D顔認証+虹彩認証のことを指しているのかもしれませんが、指紋認証にも対応する可能性も期待してしまいます。

いずれにせよあと1ヶ月に迫った発表イベントに期待ですね。

参考:GIZMODO
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。