「HomePod」内からiPhone 8の情報が続々判明!解像度は2436×1125、Tap to Wake、分割ステータスバーなど

iphone8 leak-3

開発者のSteven Troughton-Smith氏によりますと、「HomePod」のファームウェア内のデータからiPhone 8に関する様々な情報が見つかったことが判明しました。

Sponsored Links

解像度は2436×1125、Tap to Wake、分割ステータスバーなど

同氏はHomePodデータ内に次期iPhoneの解像度に関するコードがあることを発見しており、この情報によれば、次期iPhoneの解像度は2436×1125ピクセルになる模様です。

これは以前にMing-Chi Kuo氏が公開したiPhone 8のアプリ表示解像度と一致しており、MacRumorsのアクセスログにあったデバイスの解像度とも一致しています。

iPhone 8の画面は5.8インチ2800×1242ピクセルの超高解像度!?下部にTouch Bar的な機能搭載か!?
これはすごすぎる!! 9to5Macによりますと、Appleのリーク情報に定評のあるMing-Chi Kuo氏からの情報として...
iPhone 8の解像度は2436×1125ピクセルか!?サイトのアクセスログから判明!
MacRumorsによりますと、同サイトのアクセスログにiPhone 8とみられるデバイスからのアクセスがあったことが判明しました。...

「Tap to Wake」なる機能も見つかっており、画面をタップするだけで起動する機能になるものと推測されています。

上部のカメラ、センサー部分の切り取られたスペースの隣にバッテリーやBluetoothアイコン、時間などを表示すると思われる分割ステータスバーのコードも見つかったとのこと。

「Home Indicator」と呼ばれる画面上に仮想ホームボタンを表示し、場合によって非表示になるという機能も発見されています。

また、画面内蔵のTouch IDらしき機能は見当たらず、おそらく今年は搭載されることはないとしています。

以上の情報は全てHomePod内のファームウェアから見つかったとのことですが、過去に類を見ないほど多くの情報が流出しており、ちょっと凄い状況となっています笑

これからもさらに多くの情報が見つかるかもしれませんが、新たな情報としては「Tap to Wake」と「Home Indicator」くらいで他はおおよそ噂通りの情報となっていますね。

公式製品からの情報なので、確定的な情報であることがこれまでの情報との大きな違いですが。

参考:Steven T-S
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。