iPhone 8は背面に3Dレーザー搭載?ARやオートフォーカスに活用か

iphone8 concept-35

Fast Companyによりますと、情報に詳しい人物からの話としてAppleは今秋発売されると言われるiPhone 8の背面に3Dレーザーシステムを搭載することを検討しているとのことです。

Sponsored Links

ARやオートフォーカスに採用か

情報によりますと、この3DレーザーシステムによってAR(拡張現実)でより正確な深度検出や写真撮影時の高速で正確なオートフォーカスが可能になるとのことです。

このレーザーシステムは「VCSEL」という半導体レーザー技術を利用するとのこと。

Appleは今年の6月に開催されたWWDC 2017にて、AR開発プラットフォームである「ARkit」を発表しており、ARの開発に力を入れていることからもiPhone 8でその機能を補助するシステムが搭載されるのは妥当なものだと思われます。

参考:GIZMODE
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。