2018年iPhoneの設計はすでに始まっている?3モデル全てに有機EL搭載の方針

iphone8 concept-36

Nikkei Asian Reviewによりますと、業界に詳しい関係者からの話として、すでにAppleは2018年モデルの設計を開始したと報道しています。

Sponsored Links

3モデル全てに有機EL搭載か?

情報によりますと、2018年に発売されるiPhoneは全部で3つのモデルがあり、全てに有機ELが搭載される予定であるとのこと。3モデルとは2017年iPhoneと同様に、5.8インチのベゼルレスのプレミアムモデルと4.7インチと5.5インチの通常モデルになるものとみられています。ただし、その計画は途中で変更される可能性もある模様。

有機EL製造業界の関係者からの情報によれば、2018年のiPhoneの全モデルに有機ELが採用されれば、パネルメーカーはその需要に対応することができない可能性があるとのこと。

すでに2018年iPhoneの設計が開始されているとのことですが、2017年iPhoneの噂が1年以上前からあったことを考えますと妥当だと言えるでしょう。

気になるのは全モデルに有機ELを搭載するということですが、果たして供給の問題があるなかでプレミアムモデル以外にも搭載されるのかという疑問があります。

ただ、発売がしばらく先のことなので、そのあたりがどうなるかは今後の動向しだいでしょう。続報に期待です。

参考:iPhone Mania
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。