iPhone 8の画面は5.8インチ2800×1242ピクセルの超高解像度!?下部にTouch Bar的な機能搭載か!?

iphone8 leak-3

これはすごすぎる!!

9to5Macによりますと、Appleのリーク情報に定評のあるMing-Chi Kuo氏からの情報としてiPhone 8は5.8インチで2,800×1,242の超高解像度ディスプレイを搭載し、下部にファンクションエリアと呼ばれる領域を備えた設計となると伝えています。

Sponsored Links

MacBook Proの「Touch Bar」のようなものを搭載か!?

情報によりますと、5.8インチディスプレイの下部にあるファンクションエリアと呼ばれる領域はMacBook Proの「Touch Bar」のような役割を果たし、仮想ホームボタンやその他のクイックアクションなどのために用いられるだろうとのこと。

実際にアプリが表示される領域は5.15インチの2,436×1,125になるとのことで、厳密に言えばiPhone 8は5.15インチモデルということになるようです。

これまで多くのiPhone 8に関する情報がありましたが、個人的に一番ワクワクする情報ですね笑

何が素晴らしいかってiPhoneに「Touch Bar」的な機能が搭載されるということです。以前にiPadをPCのように利用しようとしたときに一番不満だったのは頻繁に使うアプリの切り替えが面倒ということだったので、今回の「Touch Bar」的機能の搭載でアプリの切り替えが画期的に改善される予感がします。

これはもうiPhone 8を買うしかないですね笑

※追記

この情報から色々なことが判明しました。

iPhone 8の画面の横幅はiPhone 7より小さい!?リーク情報から計算して分かったこと
先日、iPhone 8の画面サイズと解像度などに関する情報がリークされましたが、この情報からいろいろと面白いことが判明したので、詳し...
iPhone 8は3倍Retina採用でiPhone 7 Plusアプリにも対応か?リーク情報から分かったこと
先日公開した記事の続きとなりますが、同じくiPhone 8の画面サイズと解像度などに関するリーク情報から前回同様いろいろと面白いこと...

参考:9to5Mac
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。