iPhone 8に採用か?Apple、熱放散性に優れた厚さ1原子分のグラフェンシートの特許取得

iphone8 Patent-1

米国特許商標庁は2月9日、Appleが出願した電子機器の熱放散性を高めるためのグラフェンシートを用いる特許を公開しました。

Sponsored Links

iPhone 8で効率的に熱を分散するために採用か

情報によりますと、この特許は厚さがわずか1原子分の熱伝導性が極めて高いグラフェンシートを使用することで、バッテリーと回路から発生する熱を効率よく分散できるというもので、スマートフォンの発熱や発火が抑えられる役割が期待できるとのこと。

つい先日、Ming-Chi Kuo氏による情報としてiPhone 8の有機ELモデルはワイヤレス充電により温度上昇を防ぐために3D Touchモジュールに薄型グラファイトシートが採用されるとのことでしたが、まさにこの情報と一致した特許と言えそうです。

iPhone 8有機ELモデルは他にも積層基板やL字型バッテリーなど大幅な内部変更が加えられる見込みで、かなり大きなアップデートになることが期待できそうです。

参考:CNET Japan
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。