iPhone 8は積層基盤+L字型バッテリーでバッテリー容量が大幅向上か

iphone8 leak-2

MacRumorsによりますと、KGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏からの情報として有機EL搭載のiPhone 8は積層基板設計によりバッテリーの大型化と駆動時間の延長を可能にしているとのことです。

Sponsored Links

特殊なL字バッテリー採用で大幅に容量拡大か

情報によりますと、有機EL搭載のiPhone 8は4.7インチiPhoneと同等のサイズながらも5.5インチiPhone並のバッテリー容量(約2700mAh)を実現しているとのこと。

これは基盤を重ねた積層基板設計によりバッテリースペースを拡大し、特殊なL字型バッテリーを採用することによって、小型ながらも最大限バッテリー容量を拡大することを可能にしているようです。

また従来の液晶より電力効率の高い有機ELを使用しているため容量拡大と相まってさらなるバッテリー駆動時間の向上も期待できるとのことです。

なお有機ELを搭載しない通常の液晶採用モデルは従来通りの設計であるとのこと。

この情報が本当ならば、iPhone 8は小型かつ大画面ながらもバッテリー駆動時間は従来より優れていることが期待できます。

次々明らかにされていくiPhone 8の情報ですが、想像以上に素晴らしい進化をとげることになりそうです。

参考:MacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。