iPhone 7マット・ジェットブラックモデル実機レビュー!感圧ホームボタンは思ったより違和感なし

iphone7-review-3

ついに発売となりましたiPhone 7ですが、早速マットブラック、ジェットブラックモデルの実機に触れてきました!

今回はそのレビューを行っていきます。

Sponsored Links

実機レビュー

まずはiPhone 7 ジェットブラックモデルから

iphone7-review-1

正面のデザインはiPhone 6/6sと特に大きく変わったところはありません。

しいて言うならホームボタンが感圧式になり、物理的に動かなくなったのでより一体感が増したところはこれまでと違いますね。このホームボタンの変更により、iPhone 7は防水・防塵に対応できたというのもあるでしょう。

さて、この感圧ホームボタン、先日のiPhone 7発表イベントで先に触れていた海外メディアの人たちにはあまり良い印象ではなかったようですが、実際に触れてみた感想として自分は感圧ホームボタンは思ったよりも違和感がないと思いました。

軽いタッチで動作しますし、しっかり「ボタンを押している感」があるように感じました。

Taptic Engineを知らずに初めて触る人は普通に違和感なく使えるのではないかというレベルです。

個人的にはむしろこっちのほうが物理的に動かない分、故障率も低いですし、タッチも軽いので好印象に感じました。

iphone7-review-2

背面のデザインは光沢のあるものでこれまでと全然違います

カメラは大型化され、アンテナのDラインが廃止されるなどして、これまでよりも完成度の高まったデザインのように感じられました。

ディスプレイの画質も確実に進化しているようで、対応する写真をみると高画質化しているのを実感できました。ただ、今回のディスプレイの進化は一般的な色規格sRGBからさらに広いプロシネマレベルの色規格DCI-P3に変わっているので、同規格に対応する画像やアプリでなければ、その画質向上は体感できないものと思われます。

カメラの画質は相変わらず綺麗でしたが、少なくとも今回試した限りだと、特に大きな進化は体感できませんでした

次にiPhone 7 Plus マットブラック(公式にはブラック)モデルです。

iphone7-review-3

正面はiPhone 7同様特に大きな変化はありません。

iphone7-review-4

背面はこれまでのスペースブラックよりもかなり暗めなマットなブラックで、個人的にはジェットブラックよりも好印象でした。

そして、7 Plusの大きな特徴であるデュアルカメラ搭載。

実際にデュアルカメラを試してみましたが、確かに2倍光学ズームと最大10倍のデジタルズームは便利そうでした。

ただ、カメラの画質に関してはiPhone 7と大きな差はないようで、今のところデュアルカメラのメリットはこの光学ズームのみのようです。

後ほどAppleより「被写界深度エフェクト」という一眼レフのような背景ぼかしを実現する機能が追加されるようなので、デュアルカメラの真価を発揮するのはこちらが提供されてからになるでしょう。

今回、iPhone 7に実際に触れてみて感じた最も大きな変化は「感圧ホームボタン」でした。

ホームボタンはiPhoneユーザーなら最も多く触れるであろうボタンなので、やはりこの変化は非常に大きなものです。

感圧ホームボタンの感じ方は人それぞれだとは思いますが、おそらく今後Appleは感圧ホームボタンで統一していくものと思いますので、iPhoneユーザーはどちらにせよこのボタンに慣れることが要求されるでしょう。

個人的にはむしろこっちのほうが使い心地が良かったので大歓迎ですが笑

他に感じた大きな変化としては「ディスプレイの画質向上(ただしP3色規格対応アプリのみ)」、「デュアルカメラの光学ズーム」、「ステレオスピーカー」、「デザイン性の向上」がありますね。

他にも「防水・防塵」や「FeliCa対応」などがありますので、機能性はだいぶ進化していると思います。

思いのほか、感圧ホームボタンが良かったので、買い替えを考えてしまいそうなところですが、2017年にさらに大きなアップデートが行れると言われているので、自分はそこまで我慢するつもりです笑

十分魅力的なiPhone 7…でも買おうとは思わない3つの理由
先日iPhone 7が発表されましたが、FeliCa対応や感圧式ホームボタン、ステレオスピーカーなど噂されていたより多くの機能が搭載...

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。