史上最長のバッテリー持ちのiPhone 7、LTE通信ではiPhone SEに劣る模様

iphone7-battery-1

iPhone 7は高効率かつ高性能なA10 Fusion搭載により、iPhone史上最長のバッテリー駆動時間を実現したと謳われていますが、実は4G LTE通信時においてはiPhone SEよりバッテリー駆動時間が劣ることが公式サイトのスペックより判明しました。

Sponsored Links

一部のバッテリー持ちはiPhone SEのほうが優秀?

公式に発表されている各モデルのバッテリー駆動時間がこちらです。

iphone7-battery-2

こちらを見てみますと、iPhone 7では4G LTEで最大12時間なのに対し、iPhone SEでは最大13時間SEのほうが7より1時間長いことがわかります。

また、オーディオ再生の項目を見てみますと、iPhone 7がワイヤレスで最大40時間に対し、SEは有線ですが最大50時間10時間もの差があることがわかります(こちらは有線か無線かの違いなので仕方のないことかもしれませんが)

そしてよく見てみると、iPhone 7はWi-Fiでの駆動時間以外の項目はSEと同じバッテリー駆動時間になっていることがわかります。

唯一バッテリー持ちが優れているWi-FiはiPhone 7が最大14時間SEが最大13時間1時間の差のみです。

以上のことから特定の状況においてはiPhone 7よりもSEのほうがバッテリーが長持ちすることが考えられます。

ただ、iPhone 7のA10 Fusionチップは負荷が大きいときには高性能なCPUを、負荷が少ないときには低性能ながら省電力なCPUを使用する仕組みなので、平均的にはiPhone 7のほうがSEよりもバッテリーが長持ちするのかもしれません。

とはいえ、どちらも十分なバッテリー持ちを実現していることは確かで、どちらにせよバッテリー持ちの短さに困ることはないかと思います。

関連記事

iPhone 7が正式発表!感圧式ホームボタン、IP67防水、デュアルカメラ、FeliCa対応など
本日開催されたAppleのイベントにて、iPhone 7が正式発表されました。
十分魅力的なiPhone 7…でも買おうとは思わない3つの理由
先日iPhone 7が発表されましたが、FeliCa対応や感圧式ホームボタン、ステレオスピーカーなど噂されていたより多くの機能が搭載...
iPhone 7発売の裏で元々安かったiPhone SEがさらに値下げされていることが判明!
iPhoneをできる限り安く購入したい人に朗報です! 先日、iPhone 7が発売されましたが、その裏で元々安めの価格設定だっ...

参考:iPhone Mania
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。