iPhone6のサイズや持ちやすさなどをiPhone5と比較してみた

個人的にiPhone6で気になったことと言えば、今までのiPhoneより本体が大きくなったことによる持ちやすさ、操作性の違いです。

せっかくiPhone6を購入したので、iPhone5とサイズ、外観を比較し、持ちやすさ、操作性などについて検証してみました。

Sponsored Links

サイズ比較

iPhone6 5-hikaku

iPhone6はiPhone5と比較し、

画面サイズが0.7インチ

縦幅が14.3mm

横幅が8.4mm大きくなっています。

厚さは0.7mm薄くなり、

重さは17g重くなっています。

外観比較

正面

iPhone6&5-1

本体が一回り大きくなり、画面もけっこう大きくなっています。

ディスプレイのガラスが曲面で、アルミとの接触部分が滑らかになり、以前よりスッキリした印象です。

背面

iPhone6&5-2

ツートンカラーのデザインからDラインのデザインに変わっています。

最初はDラインに抵抗があったのですが、光の当たる角度によって微妙に色が変わり、それがアルミニウムの反射と合っている感じがしてこのデザインも悪くないように思えてきました。慣れかもしれませんが笑

底面

iPhone6&5-3

本体が薄くなったためかスピーカーのメッシュが横一列になり、イヤホンジャック横のマイクも穴が一つだけとシンプルになりました。

上面

iPhone6&5-4

iPhone6では電源ボタンが横に移動したためこちら側はシンプルになりました。

右側面

iPhone6&5-5

画面サイズが大きくなったことにより、操作性向上のためかiPhone6は上にあった電源ボタンがこちら側に移動しています。

実際こちら側に電源ボタンがついたことで画面を消す動作がだいぶ楽になりました。わざわざ持ち変える必要もないので、かなり快適です。

左側面

iPhone6&5-6

音量ボタンの形状がiPhone5よりも細く長くなりました。

この違いはけっこう大きく、前よりも音量ボタンが押しやすくなりました。

持ちやすさ、操作性比較

持ちやすさはiPhone6のほうが曲面になったぶん手に馴染み、しっかりつかめる感じです。

重さはスペック上だと若干重くなっていますが、持ってみると本体サイズが大きいからかiPhone5よりも少し軽く感じます。

次に操作性についてですが一番遠い画面左端に指が届くのかを検証してみました。

iPhone5の場合

iPhone5-mochi

余裕で届きます。

iPhone6の場合

iPhone6-mochi

普通に届きました笑

自分の手(一般的な成人男性サイズなはず)の場合ですが、片手での操作も普通にできます。

ただ、持ち方が親指以外の4本指で本体を支えるようにして持っていて、背面のアルミも少し滑りやすいため若干不安定さはあります。

片手で操作して落としてしまうことが不安な人はケースを買っておくといいかもしれません。

まとめ

iPhone6は今までより持ちやすさ、操作性などに配慮されたデザインとなり、たいていの場合は今まで以上に快適に使えます。

片手でのみ操作するとき、場合によっては若干不安定な持ち方をしなければならないときもありますので、不安な人はケースを買うといいかもしれません。

購入したケースのレビュー記事↓

これからiPhone6を買おうとしている方の少しでも参考になればうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>