iPhone6のカメラはセンサーサイズが大きくなり、光学式手ぶれ補正搭載

f:id:smco:20140304044405j:plain

中国からの情報によりますと、iPhone6のカメラは光学式手ぶれ補正を搭載し、より大きなセンサーサイズとなるとのことです。

 

素数に関してはiPhone5sと同じ800万画素になると予想されていますが、1000万画素を搭載するとの噂もあります。

センサーサイズはiPhone5sの1/3よりも大きい1/2.66となり、F値もf/2.2からf/2.0とより明るくなっています。

CMOSセンサーはソニー製となり、その他の部品はLGとシャープが製造するとのことです。

 

今までAppleは画素数よりも画質を重視したカメラを採用してきたので、今回も同様に画素数の大幅な向上よりもセンサーサイズや光学式手ぶれ補正などのさらなる画質の改善を行うことが予想されます。

 

参考:BGR

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。