2016年iPhoneは小幅改良にとどまり、2017年に大幅改良する見通し – 日本経済新聞

iphone7 concept-6

日本経済新聞によりますと、今年のiPhoneはカメラ性能向上などの小幅改良にとどまり、2017年に大幅改良される見通しとのことです。

Sponsored Links

おおよそこれまでの情報通り

日本経済新聞はこのように報じていますが、これはこれまでの情報からもおおよそ予想がついたことです。

今年のiPhoneはこれまで通りならば「iPhone 7」となり、デザインや機能などが大幅改良されるはずなのですが、これまでの情報ではイヤホンジャック廃止やカメラ性能向上、5.5インチモデルはデュアルカメラ、Smart Connector搭載などとなるものの、デザインはiPhone 6/6sとほぼ変わらず、背面のDラインが廃止されるくらいになるなど大幅改良とは呼べないものになっています。

その一方で来年のiPhoneは有機ELディスプレイ搭載やガラス製の筐体採用、ディスプレイにTouch IDが内蔵されるなど大幅に改良されるという情報が出回っています。

これらのことからも今年は小幅改良、来年は大幅改良という話にも納得がいきます。

気になるのはAppleのCEOティム・クック氏自らが述べていた次期iPhone(iPhone 7)は「これなしでは生きていけない」と思うほど革命的な機能が存在するという話ですが、これまでの情報から察するにそのような機能はあるように思えませんね。

本当にそのような機能が存在するのか、果たしてそれは今年のiPhoneに搭載されるのか気になるところです。

参考:気になる、記になる…
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。