2017年iPhoneはガラス製の筐体を採用したモデルが存在か

iPhone4s-2

Nikkei Asian Reviewによりますと、iPhoneのアルミ製の筐体を製造している台湾Catcher TechnologyのCEO Horng氏の情報より2017年にリリースされるiPhoneのうち少なくとも1つのモデルにガラス製の筐体を採用したモデルが存在することが判明しました。

Sponsored Links

4s以来のガラス採用か

Horng氏によれば、2017年iPhoneは耐久性の問題より一部に金属フレームを採用したガラス製の筐体となると伝えており、現行のアルミ製の筐体を製造している同社に収益の影響はないと述べています。

一部に金属フレームを採用したガラス製の筐体といえば、iPhone 4sがそうですが、これはつまりiPhone 4sのようなデザインになるということでしょうか。

2017年のiPhoneはこれまでにも何度かガラス製の筐体を採用するという情報はあり、しかも今回は現行のiPhoneの筐体を製造しているCather TechnologyのCEO自らが語っていますので、ほぼ間違いなくガラス製の筐体を採用したモデルが存在するものと思われます。

参考:MacRumors
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。