iPhone SE/6/5の背面、前面カメラの画質を比較してみた

先日購入したiPhone SEですが、背面には6sと同じ1200万画素を搭載しているとのことで、どれほどの画質を実現しているのか

また、前面カメラの画素数は5sと変わらない120万画素ですが、そちらの画質もどれくらいなのか気になったので、手持ちのiPhone 6/5の背面カメラ、前面カメラの写真と実際に比較してみました。

Sponsored Links

カメラスペック

各iPhoneのカメラのスペックは以下の通りです。

iPhone SE camera hikaku-1

iPhone SEの背面カメラはiPhone 6/5よりも画素数の高い1200万画素で、TrueToneフラッシュというフラッシュでも色を正確に写す機能が備わっています。

前面カメラは6/5と同じ120万画素で、Retinaフラッシュという画面を光らせることでフラッシュの代わりになり、なおかつTrueToneフラッシュのように色を正確に写す機能が備わっています。

背面カメラ比較

屋外

屋外での画質比較がこちら

iPhone 5 camera-1

iPhone 5

iPhone 6 camera-1

iPhone 6

iPhone SE camera-1

iPhone SE

色合いはどれも良好です。

iPhone SEは土や草などの部分が非常に鮮明に写し出されていて、圧倒的な解像感を実現しています。

ただ、iPhone SEは非常に素晴らしい画質ですが、iPhone 5/6でも十分画質はいいです。

室内

室内での撮影比較がこちら

iPhone 5

iPhone 6 camera-2

iPhone 6

iPhone SE camera-2

iPhone SE

こちらの比較では気持ちSEのほうが鮮明かなというくらいで、どれもほとんど差はありませんでした。

フラッシュ

フラッシュを用いて撮影比較したのがこちら

iPhone 5 camera-4

iPhone 5

iPhone 6 camera-4

iPhone 6

iPhone SE camera-4

iPhone SE

フラッシュによる撮影に関してはTureToneフラッシュを搭載するiPhone 6/SEが5よりもかなり自然な色合いとなっていることがわかります。

フラッシュを用いた撮影は確実に6/SEのほうが優れていると言えるでしょう。

前面カメラ比較

前面カメラの撮影比較はこちら

iPhone 5 camera-3

iPhone 5

iPhone 6 camera-3

iPhone 6

iPhone SE camera-3

iPhone SE

前面カメラの撮影比較ではどれもほとんど差はありませんでした。

被写体の問題もあったかもしれませんが、前面カメラは5/6/SEともに大差ないと言えるでしょう。

フラッシュ

iPhone SE camera-5

iPhone SE

一つだけiPhone SEの優れている点をあげるとすれば、Retinaフラッシュ搭載により、前面カメラでもフラッシュが使える点でしょう。

これにより暗いところでの自撮りでも表情をよりはっきりと写すことができそうです。

まとめ

結論として言えるのは、どれも十分画質が良いということですね。

たしかにiPhone SEは背面カメラがより高精細になりましたが、iPhone 5や6が使えない画質というわけではなく、十分良い画質だと思います。

また、前面カメラもSEは120万画素のままで自撮りするなら6sのほうがいいなどという話もありましたが、どうしても画質にこだわりたいという人でなければ、iPhone SEや6、5の前面カメラでも十分良い画質の写真が撮れると思います。

ただ、TrueToneフラッシュやRetinaフラッシュは確かに便利で、暗いところでも自然な色あいでしっかり撮影したいという人にとってはあったほうがいい機能と言えるでしょう。

ひとまず、iPhone SE/5/6のカメラの画質比較は以上です。

カメラの画質が気になる方は参考にしてみてください^_^

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。