2017年に「iPhone 8」が登場し、有機EL搭載、ホームボタン廃止の大幅モデルチェンジとなる!?

iphone8 concept-9

MacRumorsによりますとBarclaysのアナリストMark Moskowitz氏からの情報として、2017年のiPhoneはマイナーアップデートのiPhone 7sではなく、大幅モデルチェンジが行われた「iPhone 8」となると伝えています。

Sponsored Links

有機EL搭載、ホームボタン廃止となる!?

情報によりますと、この「iPhone 8」は有機ELディスプレイやワイヤレス充電搭載、ホームボタンが画面に統合した大幅に変更されたデザインとなるとのことです。

すでにAppleはいくつかのサプライヤーと協力し、有機ELパネルの大量製造を行う予定であることが判明しており、iPhone 8で有機ELを搭載する可能性は非常に高いものと思われます。

これまでのサイクルから考えますと今年2016年は大幅なデザイン変更が行われた「iPhone 7」が発売され、2017年にはその内部のみが改良された「iPhone 7s」が発売という流れになるものと予想されていましたが、

今年の「iPhone 7」は背面のDライン(アンテナライン)がなくなるものの、基本的にはiPhone 6/6sと同じデザインが採用されるマイナーアップデートとなる見込みで、2017年の「iPhone 8」で大幅モデルチェンジが行われるということになりそうです。

「iPhone 8」はガラス製の筐体を採用するとも言われていますので、かなり大きなデザイン変更が期待できそうです。

参考:MacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。