iPhoneを修理する人注意!!iPhoneを二度と使えない状態にさせる「エラー53」とは?

iphone error 53

the guardianによりますと、iPhoneが突然ロックされ、内部のメモリなどに一切アクセスができなくなるという恐ろしい現象「エラー53」が世界中で発生しているとのことです。

なんでも画面に「Error 53」と表示されることから「エラー53」と呼ばれているようですが、いったいなぜ起こるのでしょう?

Sponsored Links

非正規の業者に修理を頼むと起こる?

「エラー53」が発生する条件は

Apple非公式の修理業者にホームボタンを交換する修理を行った後、iOS9にバージョンアップした場合

ということがわかっています。

原因としてはホームボタンのTouch ID(指紋認証)を交換した上で、アップデートを行うと端末は純正の部品が使われているかチェックを行い、非正規の部品が見つかるとセキュリティ保護のために端末がロックされてしまうためにこのエラーが起こるようです。

ちなみに一度でもこのエラーが起こると修理は不可能で端末ごと交換するしかないようです。

もうすでに非正規の修理業者で部品の交換を行ってしまった人は絶対にアップデートを行わないようにし、正規部品へ交換を考えたほうがいいでしょう。

Apple Storeが近くにない人達にとってはわざわざApple Storeに行って修理を頼むよりも近くで行っているiPhoneの修理業者に頼んだほうがはやいのですが、こうしたエラーが発生することが判明した以上、今後は遠くともApple Storeで修理を行うべきなのかもしれません。

参考:GIGAZINEthe guardian
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。