将来的にiPhoneには有機ELが採用される予定!?サムスン、LGと協議中

iPhone 6s&6s Plus&5s

日本経済新聞によりますと、Appleは3年後の2018年に有機ELを搭載したiPhoneを発売する予定であると報じました。

Sponsored Links

サムスン、LGなどのメーカーと協議中

Appleは有機ELを大量生産できるサムスンやLGなどと協議中であり、2018年のiPhone(おそらくiPhone8)向けに有機ELの量産を開始する予定であるとのことです。

有機ELは自発光型であるため液晶ディスプレイよりも応答性に優れ優れた色再現性省電力性を備えています。構造が液晶よりも簡単なことから薄型化も容易で、柔軟性と耐久性があり、まさにスマートフォンに適したディスプレイとなっています。

唯一の欠点としては画素一つ一つが発光する構造であるゆえに同じ画像を長時間表示するとその画像がうっすら表示されるようになってしまう焼き付きという症状が起こってしまう点があります。

ただ、技術の進歩により、この焼き付きもだいぶ軽減されてきています。

おそらくiPhoneに搭載される2018年ごろには焼き付きも気にすることがなくなるかもしれません。

個人的には液晶でも十分な画質を実現していると思うのですが、Appleとしてはより薄くできて省電力な有機ELを採用したいのだと思われます。

参考:日本経済新聞MacRumors
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>