iPhone 6s/6s PlusのA9チップの製造元の違いによるバッテリーテスト結果公開!意外と差はない?

以前の記事でiPhone6s/6s Plusに搭載されているA9チップはTSMC製かサムスン製かでバッテリー駆動時間に最大2時間も差があるという情報がありましたが、Ars technicaが実際に両者のバッテリーテストを行った結果を公開しました。

Sponsored Links

意外と差は少ない?

Ars Technikaが行ったバッテリーテスト結果がこちら

battery tsmc samsung a9

テスト条件はSIMカードを抜き、同じ設定にしたSamsung製とTSMC製のA9チップを搭載した2台のiPhone 6sを用いて行われました。

各ベンチマークテストを実施した際のバッテリー駆動時間を調べるというテスト内容となっています。


結果を見てみますと、Geekbenchで60分の差が出ているものの他のベンチマークではほとんど差がありません

Appleが公式に発表した情報ではバッテリー駆動時間は2〜3%の差があるということでしたが、おおよそその通りの結果となっています。

ただ、Geekbenchに関しては著しく差がついており、サムスン製は何かしらの要因により、バッテリー駆動時間が少なくなる可能性があるものと思われます。

なお、Ars Technikaによれば高負荷をかけないかぎり、体感できるほどの差は感じられないとのことです。

参考:気になる、記になる…
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。