iPhone6sは感圧タッチパネル搭載が確定か?前面カメラも大型センサー搭載の模様

iPhone6s leak-14

9to5MacはiPhone6sのディスプレイパネル部分と思われる写真と動画を公開しました。

Sponsored Links

感圧タッチパネル用のパーツを搭載か

iPhone6s leak-15

9to5Macによりますと、ディスプレイパネルからForceTouch(感圧タッチ)用Taptic Engineと思われる部品が搭載されていることが確認できたとのこと。

Taptic EngineはApple Watchなどに搭載されている触覚的な振動を伝えるアクチュエータで、もしこれが搭載されているとすれば、感圧タッチの際などに触覚的にその操作を認識することができるようになります。

前面カメラはより大型に

iPhone6s leak-16

同サイトは前面カメラにより大型なセンサーが搭載されることも確認できたとのこと。

iPhone6sでは背面カメラが1200万画素で4K動画が撮影可能になるとの情報がありましたが、前面カメラも強化されるようです。最近人気が高まっているセルフィー(自撮り)の需要にも対応するためだとみられており、従来の120万画素から500万画素へと大幅に強化されると言われています。

今回の情報からiPhone6sは感圧タッチ技術を搭載し、前面カメラが強化される可能性が非常に高まりました。特に感圧タッチの搭載はほぼ間違いないものと思われます。

気になるのはTaptic Engineが搭載されるかどうかというところですが、Apple WatchのTaptic Engineを見た限りだとその部品のサイズがそこそこ大きかったので、小型化していない限り搭載は難しいように思うのですが…実際はどうなのでしょうか。

搭載されていたらiPhoneの通知がより便利になりそうな気がします。

参考:iPhone Mania9to5Mac
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。