電源が入るiPhone6sとその内部を撮影した動画が公開される!

iPhone6s leak-11

MacRumorsは電源が入るiPhone 6sとその内部を撮影した動画を公開しました。

Sponsored Links

未完成iPhone6sと内部部品を撮影した動画

今回公開された動画がこちらです。

この動画のiPhone6sは、一応起動はするものの表示されているのは歯車表示のみで、背面カメラなどの部品もないことから完成品ではないようです。また、この動画では内部の部品なども撮影されています。

小型省電力なRFトランシーバーチップ搭載

iPhone6s leak-12

ロジックボード画像、左がiPhone6s

公開されたロジックボードの画像から新型RFトランシーバーチップである「WTR3925」が確認できます。

この「WTR3925」はiPhone6の「WTR1625L」との比較で製造プロセスが65nmから28nmに変更されていることから小型かつ省電力化を実現しています。また、複数の電波をまとめて高速通信を実現するキャリアアグリゲーションに対応しており、従来よりも高速で安定した通信が可能になることが期待できます。

A9チップはやや大きめ

iPhone6s leak-13

CPU部分の画像、右がiPhone6s

iPhone6のA8チップとA9チップと思われる部品の比較画像を見てみますと、A9チップがA8チップより若干大きくなっていることがわかります。

これはチップ内部のメモリ部分、またはCPUコア部分のスペースが大きくなったものと推測されます。A9チップではメモリが2GBに増えるもしくはコア数が2コアから3コアになることが期待できるかもしれません。

発表が近づいているためかiPhone6sのリーク情報がだんだんと詳しくなっています。個人的に気になるのはメモリが2GBになるのかどうかということですが、実際はどうなるのでしょうか。続報に期待です。

参考:GIZMODEMacRumors

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。