「iPhone6s」の筐体はわずかに厚く大きいが、軽量であることが判明!

iPhone6s&6 size

Unbox Therapyが、「iPhone 6s」のものとされる筐体と「iPhone 6」の筐体のサイズや強度などを比較した動画を公開しました。

Sponsored Links

筐体は厚くて、大きくなったのに軽量

公開された動画によりますと、筐体のサイズは

「iPhone 6」が138.09×66.91mm

「iPhone 6s」が138.26×67.16mm

となっており、縦横共に約0.2mmほど大きくなっているようです。

また、強度を高めるためか側面部分の厚さも従来より厚くなっており、「iPhone 6」では1.14mmだったのが、「iPhone 6s」では1.90mmとなっていました。

筐体の重さは「iPhone 6」が27gだったのに対して、「iPhone 6s」は25gとなんと軽量化されています。

サイズも厚みも増しているのに軽量化されているのだから驚きです。

これはiPhone6sに期待しても良さそうな予感です。

参考:気になる、記になる…
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。