「iPhone6」の筐体に関する新たな情報-曲面ガラスを一部に採用し、背面はツートンカラーではなくなる!?

f:id:smco:20140424094121p:plain

本日、Macお宝鑑定団が、信頼出来る情報として「iPhone6」の筐体に関する新たな情報を公開しました。

Sponsored Links

今回公開された情報をまとめると以下のようになります。

  • 筐体のデザインは「SQUAIR SURVACIOUS」というケースを装着した状態に似た金属筐体
  • ダイヤモンドエッジ処理を採用していない
  • GALAXY S III」のエッジ部分に採用されていた曲面ガラスのように「iPhone6」も曲面に沿うように曲面ガラスを採用する
  • 背面はアンテナのために分割された形状をしていない
  • 電源ボタンはSIMトレイの上側に移動している

これらの情報から考えると、こちらで公開されているリーク情報をもとに制作されたコンセプト画像が、公開された情報と似たデザインになっています。

以下の画像はその一部です。

f:id:smco:20140424094144j:plain

f:id:smco:20140424093953j:plain

これはあくまでもコンセプト画像なので、参考程度に見ておくといいでしょう。

参考:気になる、記になる…

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。