2018年iPhoneは5.8/6.1/6.3インチの3モデルで、6.1インチは金属筐体に?

iphone7-15

Nikkei Asian Reviewによりますと、Apple製品設計の関係者からの話として、2018年に発売される次期iPhoneは5.8/6.1/6.3インチの3モデルとなり、6.1インチモデルは液晶搭載で背面が金属製になると伝えています。

Sponsored Links

6.1インチモデルはiPhone 7のような金属筐体に?

情報によりますと、2018年iPhoneの6.1インチモデルはiPhone 7以前のような金属筐体で数色のカラーバリエーションがあり、液晶ディスプレイを搭載しているとのこと。

5.8インチと6.3インチモデルは有機EL搭載となり、6.1インチはこの2つのモデルより低価格なモデルになると言われています。

Appleが1モデルだけ液晶を採用する理由として、有機ELはサムスンが唯一のサプライヤーであり、少なくとも別の有機ELサプライヤーが登場するまで液晶モデルを保持しておきたいという意図があるからだとしています。

なんだか複雑な理由があるようですが、6.1インチモデルが金属筐体を採用するというのは意外な情報です。金属製なのでおそらくはワイヤレス充電機能が省かれるものと思われ、低価格のためのコスト削減と他モデルとの差別化をはかる意図があるものと思われます。

なお、以前の情報でも3モデル展開になるという情報はありましたが、一番大きいモデルは6.5インチになると言われており、今回の6.3インチと若干異なる点が気になりますね。

2018年iPhoneは6.5/6.1/5.8インチの3モデルに!?6.1インチは液晶搭載の低価格モデルか
MacRumorsによりますと、Apple製品のリーク情報に定評のあるKGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏からの報告として...

参考:気になる、記になる…
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。