2018年iPhoneはアンテナ設計が大幅改良か!?4×4 MIMO対応でLTE通信大幅高速化の可能性

iPhone 2018 Concept-2

MacRumorsによりますと、KGI証券のMing-Chi kuo氏からの情報として2018年iPhoneはLTE通信高速化のためにアンテナにアップグレードされた液晶ポリマー(LCP)を採用、4×4 MIMOにも対応すると伝えています。

Sponsored Links

アンテナ大幅改良でLTE通信が大幅高速化か!?

2018年モデルに採用される液晶ポリマー(LCP)は従来のポリイミド樹脂(PI)よりも高周波、熱性能、耐湿性などの特性が優れており、伝送速度の高速化に貢献するとのこと。

また、新たに4×4 MIMO(4本の送信×受信アンテナを使用)に対応することで現行モデルの2×2 MIMO(2本の送信×受信アンテナを使用)よりも2倍のアンテナで通信可能となり、LTE通信速度が大幅に向上することが期待できます。

2018年モデルには少なくとも2つのアップグレードされたLCPアンテナが採用され、残り2つはPIアンテナが採用される見込みのようです。

この情報が本当なら2018年iPhoneはLTE通信が大きく進化することが期待できます。

特に4×4 MIMO対応は素晴らしく、最近のノートPCでも3×3 MIMO対応していれば良い方だというのにスマホでこれを超えるアンテナを搭載するのはもはや革命とも言えるレベルです。

しかし、残念なことに日本の通信プランではLTE通信に毎月数GBまでしか使えないという制限があるので、むしろ通信速度が速い分それだけ速く通信容量を消費することになるので、逆に速度制限にかかりやすくなってしまうという問題が生じます。

これは日本の通信業者しだいなのでどうしようもありませんが、技術が進歩しているのに通信プランがそれに追いついていない状況はどうかと思いますね。これではせっかく通信性能が向上してもほとんど意味がないので、この辺りはほんとに改善してほしいところです。

関連

2018年iPhoneは6.5/6.1/5.8インチの3モデルに!?6.1インチは液晶搭載の低価格モデルか
MacRumorsによりますと、Apple製品のリーク情報に定評のあるKGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏からの報告として...
2018年iPhoneは全モデルでTouch IDが廃止、Face ID採用か!?
Apple Insiderによりますと、KGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏からの情報として2018年iPhoneは全モデ...

参考:iPhone Mania
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。