2018年iPhoneは6.5/6.1/5.8インチの3モデルに!?6.1インチは液晶搭載の低価格モデルか

iPhone 2018 Concept-1

MacRumorsによりますと、Apple製品のリーク情報に定評のあるKGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏からの報告として2018年のiPhoneは6.5インチ、6.1インチ、5.8インチの3モデル構成になると伝えています。

Sponsored Links

6.1インチは液晶搭載の低価格モデルか

情報によりますと、6.1インチモデルはデザインはiPhone Xのようにベゼルレスながらも画素密度が320〜330ppiの他モデルより低解像度の液晶ディスプレイを搭載し、価格は649〜749ドルの低価格モデルになるとのこと。

5.8インチと6.5インチモデルに関しては現行のiPhone Xと同様にベゼルレス有機ELを搭載し、6.5インチモデルは480〜500ppiとより高精細なディスプレイが搭載されるとのことです。

同氏によれば、これらのモデルは順調に計画が進んでいるとのことで、2018年までにリリースされる見通しと伝えています。

Ming-Chi Kuo氏は過去に何度も正確なリーク情報を伝えてきたことから今回の情報の信ぴょう性は高いものと思われますが、大型の6.5インチだけでなく、現行モデルよりやや大きくなったほどの6.1インチモデルも登場すると述べていることには驚きですね。

6.1インチを液晶搭載の低価格モデルの位置付けにすることで他モデルとの差別化をはかっているようですが、個人的にはせめてiPhone Xと同じサイズかもっと小さいサイズにしても良かったのではと思うところですね。

単純に4.7インチiPhoneに近いサイズの5.8インチとより大画面な6.5インチモデルの中間で中途半端感がありますし、画素密度も異なるということはアプリ開発者も新たな2モデルのためにアプリの解像度を合わせる手間もあるでしょう。

iPhone SEのように片手操作に特化した小型でベゼルレスなiPhoneでも発売してくれればそこそこ需要がありそうな気がするのですが。

参考:気になる、記になる…MacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。