iPhone X実機レビュー!大画面よりバー操作の快適さの方が魅力かも

iPhone X review-1

本日、Apple Store渋谷店にてiPhone Xの実機に触れてきたので、今回はそのレビューについてまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

iPhone X実機レビュー

iPhone X review-1

まずは正面から。

まずパッと見て思ったのはベゼルレスのディスプレイも素晴らしいですが、それ以上に画質の素晴らしさに驚きました。

まるで実物を窓を通してみている感覚で、これまでのiPhoneも十分高画質でしたが、iPhone Xではさらに大幅に画質が向上しているように感じられました。

iPhone X review-2

スペースグレーモデルの背面は深い黒で、ガラスの光沢が美しいですね。

iPhone X review-3

側面はブラックで光沢のあるステンレス製で高級感があります。

カメラ部分は出っ張りがあり、iPhone 8のカメラの出っ張りよりも目立っている感じがします。

iPhone X review-4

ロック画面はホームボタン廃止で下からスワイプして開く方式に。

この操作は特に違和感なく使えます。

iPhone X review-5

下部のバーを上に引っ張るとホーム画面に移行しますが、これがなかなか快適です。

あまりにスムーズな操作でホーム画面に移行できるので、ホームボタンは必要なかったんじゃないかと思えるほどです笑

この操作を途中で止めると、マルチタスク画面に移行します。Taptic Engineのフィードバックがあるためマルチタスク画面に移行したことがわかりやすくなっています。

こうした細かい配慮もさすがAppleといった感じですね。

iPhone X review-6

感動したのはアプリ切替の簡単さです。

バーを横にスワイプすると、前後に使っていたアプリに切り替えられるのですが、これがあまりにもスムーズで、特に遅延なく別のアプリに移動できるので、複数のアプリを行ったり来たりしたいときにかなり便利そうです。

この感覚はMacBookのトラックパッドで4本指横スワイプで仮想ディスプレイを切り替えられる操作に似ていますね。

iPhone X review-10

画面上の切り抜きは数々のメディアで気になる、気にならないで意見が分かれていますが、個人的には全く気になりません。

というのもどのiPhoneでもメインコンテンツは常にステータスバーより下にあり、いつもステータスバーを見ているわけではないため画面上の切り抜きが目に入る機会がそもそも少ないのです。

横画面だと気になるかもしれませんが、普通の縦画面での操作をする場合には全く気になることはないか個人的には思います。

iPhone X review-9

Face IDはデモアプリを使って試してみましたが、顔を2回回すだけで設定が完了します。何度も押し当てる必要があった指紋認証よりはるかに簡単に設定が終わりました。

認証速度は少なくともデモアプリを試した限りではかなり早く、見てちょっとしたアニメーションのあとすぐ認証といった感じでサクサク認証できていました。

iPhone X review-8

進化したというカメラ機能はApple Store店頭で試した限りではiPhone 8 Plusとの違いはよくわかりませんでした。せいぜい前面カメラでポートレートモードが使用できるようになったような違いしか感じません。

ただ、前面カメラのポートレートモードはセルフィーをよく取るという人には重宝する機能となることでしょう。

iPhone X review-11

個人的に気になっていたスピーカーの音質も確認してみました。

実際に聴いてみた限りでは明らかに音質が向上している感じで、音量を上げればなかなかの音が鳴るように感じました(店頭での視聴だったので長くは試せませんでしたが)

これは地味に良い変更点ですね。

iPhone X review-12

シルバーモデルの方も確認。

こちらはシルバーというよりホワイトっぽい色合いでAppleらしく個人的に好みの色合いです。

iPhone X review-13

側面は光沢のあるステンレス製で高級感はありますが、光沢感が強く少し派手めな感じがします。また、やはりカメラの出っ張りも気になります。

iPhone X review-14

ちなみにiPhone 8 Plusシルバーモデルがこちら。

こちらのほうが落ち着いててデザイン的にはiPhone Xよりも好みではありますね。

総評

iPhone Xに実際に触れてみて思ったのはホームボタン代わりのバー操作が思いのほか快適だったということですね。特にバーを横スワイプしてアプリ切替する機能はかなり便利そうだと思いました。

あと意外と片手での操作もできないこともなさそうなのが、印象的でしたね。手に収まるコンパクトなサイズ感で、大画面というのは普通に素晴らしいと思います。ただ、やはり片手での操作性で言えば4インチのiPhone SEには劣りますね。

Face IDは快適そうですが、もう少し日常的に使ってみないとわからないような気がします。

総評として言えるのは、大画面ということよりバー操作の快適さがiPhone Xの真の魅力な気がします。この操作に約12万の価値を見いだせるかどうかが、買うか買わないかの境目となると個人的には思いますね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。