iOS 11搭載iPadを1週間使って思ったこと – 確実にPCに近づくもMacの使い勝手には敵わない

iOS 11 beta review-s2

iPad mini 4に「iOS 11 パブリックベータ版」をインストールして1週間が経ちますが、今回は実際にiOS 11をiPadで使ってみて思ったことについてまとめてみました。

Sponsored Links

確実にPCの使い勝手に近づいている

iOS 11では、いつでもアクセスできる「Dock」、データ管理できる「ファイル」アプリ、より使いやすくなった「Slide Over」「Split View」、画像や書類データなどを簡単に移動できる「ドラッグ&ドロップ」機能など多くの便利機能が追加されました。

実際にそのiOS 11をiPad mini 4にインストールしてみて思ったのは確実にPCのような使い勝手に近づいているということです。

特に「ドラッグ&ドロップ」機能は想像以上に快適です。この機能により、これまで画像データは「写真」アプリのカメラロールに保存するしかなかったのが、「ファイル」などのデータ管理アプリに名前をつけて管理できたり、ウェブ上にそのままアップロードなどすることができるようになりました。

また、どのアプリからでもアクセスできる「Dock」とそこから手軽に2画面表示できる「Slide Over」のおかげで他のアプリへの切り替えと2画面表示がだいぶ快適になりました。

実際にiPadだけでPCのようにブログ投稿できるか試してみましたが、以前試したときよりも断然使いやすくなっていました。

iPadでPCのようにブログ投稿できるか確かめてみた
iOS9で2画面同時に表示可能な「Split view」が登場しましたが、この機能によりiPadがよりPCに近づきました。この機能が登場...

Macの使い勝手には敵わない

一方で、実際にPCのようにブログ投稿してみて思ったのはまだまだMacの使い勝手には及ばないということです。

データ管理もできるようになり、2画面表示もやりやすく、MacのようにいつでもアクセスできるDockが追加されたiOS 11ですが、それでもまだアプリの切り替えが面倒だったり、文字のコピー&ペーストがやりにくい、文字カーソルが移動しにくかったりと些細なことではあるのですが、地味によく行われる作業に不満がありました。

これがMacならMission Controlや仮想デスクトップなどですぐさまアプリを切り替えられたり、精密に動作するトラックパッドによって文字のコピペや文字カーソルの移動などがいとも簡単にできます。

こうした些細な作業を快適にできなければ、どんなに便利な新機能が追加されてもMacの使い勝手には敵うことはないように思います。

総評

iOS 11はiPadが確実にPCに近づく素晴らしいアップデートだとは思いますが、作業の効率化を求めるならやはりMacに軍配が上がると思います。

個人的にはiOS 11を機に本格的にMacBookからiPadに移行しようかと考えていましたが、実際に試してみて思ったのはやはりMacBookの快適な使い勝手には敵わないということです。むしろ今回iOS 11をiPadで試したことで、逆にMacの快適さを痛感することになりました^^;

もういっそのことAppleにはiPad型のMacを発売してほしいくらいですね笑。タッチ操作できなくてもいいのでSmart Keyboardにトラックパッドつけた感じのやつを作ってもらって笑

とは言ってもiPadでPCのような作業をすることはもはや不可能ではないので、Macの使い勝手には劣るとしてもどうしてもiPadだけで作業できるようにしたいという人にとってはiOS 11は素晴らしいものになるのではないかと思います。

iOSはこれからのアップデートしだいでは本当にPCの使い勝手を超えてしまう可能性は秘めているので、今後の展開にも期待できます。

ちなみにiOS 11 パブリックベータ版の詳細なレビューなどは以下の記事にて語っています。

iPad mini 4にiOS 11 パブリックベータ版をインストールしてみた
先日、開発者でなくともアップデートできる「iOS 11」のパブリックベータ版が配信されたので、一足先に手持ちのiPad mini 4...

iOS 11搭載iPadがどのようなものなのか知りたい方の参考になればと思います^_^

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。