新型iPadが10.5インチである理由がかなり合理的!iPad miniが深く関係

iPad 10.5 leak-1

iPad Pro 9.7インチに10.5インチサイズの紙を乗せた画像

3月にも発表されるという新型iPadは10.5インチモデルが追加されるという情報がありますが、デザインスタジオStudio Neatの共同創業者であるデザイナーのDan Provost氏によりますと、新型iPadが10.5インチであるのはかなり合理的な理由となっていることが判明しました。

Sponsored Links

iPad miniが深く関係

iPad 10.5 leak-2

2015年9月に開催されたAppleのイベントにて、iPad Pro 12.9インチが発表されましたが、この画面サイズとなった理由は12.9インチiPadの画面の横幅が9.7インチiPadの画面の縦幅と同じになるように設計されたためでした。

これと同様に10.5インチiPadの画面の横幅を7.9インチのiPad miniの画面の縦幅と比較してみると見事に一致するサイズとなることが判明したとのこと。

つまり横向きの状態でアプリを表示すると、iPad miniで縦向きの状態でアプリを表示するのと同じ状態になり、2画面分割表示のときはiPad miniを2つ並べたかのようなサイズ感になるということです(厳密には解像度の関係からちょうど2個分ではなく、約1.8個分ほどになりますが)

また、iPad 10.5インチは解像度がiPad Pro 12.9インチと同じ2,732 x 2,048ピクセルになると言われていますが、この解像度になることで画素密度が現行のiPad mini 4の326ppiと完全に一致するため画面サイズだけでなく画素密度も一致するというかなり合理的な設計となっているようです。

もうここまで合理的だと新型iPadは10.5インチでほぼ確定でしょう。

これまでの情報から発売は3月になる可能性が高く、まもなくの発表が期待できるでしょう。

参考:iPhone Maniablog.studioneat.com
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。