これはいらない…iPad Proに実際に触れてみて素直に思ったこと

iPad Pro review-1

近くの店舗にてiPad Proが展示されていましたので、実際に触ってみて素直に思ったことについてまとめてみました。

Sponsored Links

大きい

実物を見てまず思ったのは想像以上に大きいということです。

事前に公式サイトなどで画面サイズやおおよその大きさなどは把握していましたが、実物を前にするとその大きさに驚きました。

画面サイズは12.9インチとのことですが、普通の13インチノートPCよりもその面積は断然大きいようです。これはiPad Proのアスペクト比が4:3であるためでしょう。

正直なところタブレットでこの大きさはいくらなんでも大きすぎる印象です。

【2015年版】iPad Pro/Air/mini, MacBook/Air/Proの大きさ比較まとめ
12インチのMacBookが発表され、12.9インチのiPad Proが追加されるなどだんだんと大きさに差がなくなってきているiPadシリー...

重い

iPad ProはWi-Fiモデルで713g、Cellularモデルでは723g(今回触ったのはこちら)と12.9インチのディスプレイを備えているわりには軽量です。

ただ片手で持つとずっしりくる重さで、とても片手で扱えるものではありません。

この重さではあまり手軽に使えなさそうな印象です。

体感できない高性能さ

iPad Proの特徴はなんといってもA9Xチップがデスクトップクラスの性能を備えているところです。

実際にマップアプリでの3D Flyover表示や2画面マルチタスク機能などを試してみましたが、非常にサクサク動き、あらゆる動作が快適でした。

しかし、それは自分が持っているiPad mini4でもほとんど同じことが言え、普通に使っている分には性能面においてiPad mini4との違いをあまり感じませんでした

おそらくこの性能がフル活用できる場面は高度な動画編集やイラスト制作時などに限られるでしょう。

iPad Proは異常なまでに高性能!!ベンチマークでは15インチMacBook Pro超えの結果に!
iPad Proの性能がすごすぎる... ars technicaがiPad ProとiOS製品、MacBookシリーズ、Surfac...

まとめ

正直、いらないです。

iPad Proは本体の大きさ、重さがタブレットの魅力である手軽さを打ち消し、せっかくの高性能も活用する場面がなければただの宝の持ち腐れです。

なにより致命的なのはここまで高性能、大画面でありながらモバイル向けOSである「iOS」しか使えないところです。この性能、サイズでMacとして使えたなら非常に魅力的な製品でしたが、それがないこのiPad Proは個人的には買う意味を全く感じません。

この製品はどうしても大画面でiPadを使いたい人iPadでの高度な動画、画像の編集、Apple Pencilを用いたイラスト制作などを行いたい人以外にはあまりおすすめできません。

高性能なiPadがほしいのであればiPad Air2、iPad mini4でも十分高性能ですし、iPadで作業をしていて性能不足で困ったことがないのであればわざわざiPad Proを買う必要はないでしょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。