次期iPad Proは8コアのA11Xチップ搭載で2018年前半にも発表か

iPad Pro 2018 concept-3

中国サイトMyDriversによれば、次期iPad ProはA11Xを搭載し、2018年第1四半期(1月〜3月)〜第2四半期(4月〜6月)頃にも発表されると伝えています。

Sponsored Links

8コアのA11Xチップ搭載か

情報によりますと、次期iPad Proは最新の7nmプロセスで製造され、3つの高性能コアと5つの高効率コアで構成された8コアのA11Xチップを搭載するとのこと。

現行のA11チップが10nmプロセスで、2つの高効率コアと4つの高効率コアで構成されていることを考えますと、iPhone Xよりもかなり高性能であることが期待できそうです。

今回の情報が本当ならば次期iPad ProはCPU性能がかなりの進化をとげることになるかもしれません。前モデルのiPad Proが今年6月に発表されたことを考えますと、次期iPad Proのリリースは6月頃になるのではと思われます。

参考:9to5Mac
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。