iPhoneからFacebookアプリを削除すると15%もバッテリーが伸びる!?

facebook battery-2

どんだけFacebookはバッテリー消費するんだ(;´Д`)

The Guardianによりますと、FacebookのiOSアプリを削除すると平均15%もiPhoneのバッテリー持ちが良くなることが判明しました。

Sponsored Links

Facebookは大幅にバッテリーを消費する?

The GuardianのSamuel Gibbs氏はiPhone 6s Plusを用いて、朝7時〜夜10時頃までFacebookアプリを入れた状態と入れていない状態でそれぞれ1週間ずつ普通に使用してバッテリーの残量を確かめたそうです(Facebookアプリを入れていない方はSafariからFacebookにアクセスしたそうです)

すると入れていない状態のほうが平均で15%以上もバッテリー残量が多いという結果になったとのこと。

Facebookアプリはアプリを使っていないときでもバッテリーを消費するとのことで、それがこのようなバッテリー残量の差を生んだものと思われます。

Safariから代替可能

Facebookをよく使う人にとってはアプリはなくてはならないものかもしれませんが、Facebookはアプリを入れなくともSafariのショートカットで代用可能です。

バッテリー持ちが気になる方はSafariのショートカットを活用するといいでしょう。

それにしてもFacebookは以前にも無音の音楽が流れていてバッテリーを大量に消費しているという問題がありましたが、いまだにバッテリー持ちが悪い問題は続いているようです。

他のSNSアプリでは特にバッテリー持ちに関する問題は取り上げられないばかりに、Facebookのいったい何がバッテリー持ちを悪くしているのかが謎です。

参考:iPhone ManiaThe Guardian
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。