【iOS 11+iPad】2画面表示するために知っておくべき変更点

iOS 11-3-2

新たに発表されたiOS 11ですが、iPadでの2画面表示方法が従来と大きく変わっています。そこで今回はその詳細について解説しようと思います。

Sponsored Links

2画面表示方法は何が変わった?

iOS 11-5-1

iOS 11+iPadでは2画面表示するためにはDockにアプリを登録しておくことが前提となりました。

その理由は、2画面表示するためにはDockからスライドして起動するしか方法がないためです。

そのため従来のように右からスライドして2画面表示できるアプリ一覧が表示されるということはありません。この点はiOS 11で2画面表示する上での注意点となります。

とは言ってもDockは最大で13個のアプリが登録でき、いつでもアクセスできる便利な機能なので、頻繁に使うアプリはDockに登録しておいて損はないものと思われます。

iOS 11の2画面表示方法は2つのパターンがあり、アプリ上にもう一つアプリを表示させる「SlideOver」と2画面同時に表示する「SplitView」があります。

それぞれの起動方法は以下の記事を参考にどうぞ

【iOS 11+iPad】アプリ上にもう一つアプリを表示(Slide Over)する方法
iOS 11+iPadでアプリ上にもう一つアプリを表示(SlideOver)する方法を解説します。
【iOS 11+iPad】2画面表示(Split View)する方法
iOS11+iPadで2画面表示(Split View)する方法を解説します。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。