「iOS 10」では一部iPhone/iPadで一眼にも使用されるRAW撮影が可能に

Appleは「Advances in iOS Photography」にて、「iOS 10」では一部のiPhone/iPadでRAW撮影が可能になると伝えています。

Sponsored Links

RAW現像で写真をより高品質に

iOS 10 RAW-2

RAW撮影に対応するのはiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPad Pro 9.7インチの4製品で、iSightカメラ(背面カメラ)で撮影可能とのこと。

保存されるファイル形式はAdobe DNGで、現像プレビュー画像も高品質とのこと。

RAW現像はA8、A9プロセッサを搭載したiOSデバイスで可能とのことです。

RAW形式は一眼レフなどにも使用される出力形式で、JPEGとは違い圧縮加工のされていない生(RAW)のデータ出力が可能になっています。

そのため撮影後でもノイズリダクションをオフにしたり、露出や色温度などを自由に調整でき、より高品質な写真を実現することも可能となっています。

RAW形式に対応したことで、iPhoneなどでの写真撮影の幅も広がることでしょう。

関連記事

「iOS 10」ではiPad Pro 9.7インチにて広色域のP3撮影対応へ
Appleは「Advances in iOS Photography」にて、「iOS 10」ではiPad Pro 9.7インチでデジタルシネ...

参考:AppleMacお宝鑑定団
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。