iOS9の新機能「Wi-Fiアシスト」は通信量増加につながる?オフにする方法解説!

iOS9では新たに「Wi-Fiアシスト」という機能が追加されましたが、この機能により若干データ通信量が増加することが判明しました。

Sponsored Links

Wi-Fiアシストとは?

Wi-Fi_assist-s

「Wi-Fiアシスト」とはWi-Fiの通信が弱い時にモバイルデータ通信で自動で切り替える機能で、安定した通信を実現する機能です。

データローミング中やバックグランドでの自動更新するアプリ、大容量のデータ通信時は適用されず、使用中のアプリの通信時のみ適用されるようです。

Appleによれば、この機能を有効化することによってデータ通信量が数パーセントほど多くなるとのこと。

機能をオフにする方法

iOS9ではこの機能が標準でオンとなっていますが、設定によりオフにすることが可能です。

オフにする方法は以下の通りです。

1.「設定」→「モバイルデータ通信」を選択

Wi-Fi_assist-1

2.一番下のほうにある「Wi-Fiアシスト」をオフに

Wi-Fi_assist-2

画像はオンの状態です。

「Wi-Fiアシスト」の項目はかなり下の方にあるので注意です。

以上でWi-Fiアシスト機能をオフにすることができます。データ通信量の消費が気になる方はオフにしておくといいでしょう。

参考:iPhone Mania
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>