「iOS9」の低電力モードはバッテリー持ちが3時間延び、CPU性能が40%が低下する

iOS9ではバッテリーの残量が少ないときに電力の消費を抑える「低電力モード」という機能が存在します。これによりバッテリー持ちを最大3時間延長できるかわりにCPUの性能を低下させるようです。

Sponsored Links

CPU性能は40%ほど低下

MacRumorsによれば、iPhone6 PlusのGeekbench3ベンチマーク結果は以下のようになったとのこと(左:通常時 右:低電力モード時)

iOS9 low battery Score

ベンチマーク結果によれば、CPUの性能は40%ほど低下しています。この比率はiPhone5sでも同様だったとのこと。

低電力モードではCPUの性能が低下するほか、メールの更新やアプリのバックグラウンド処理、モーションエフェクト、壁紙のアニメーションなどが無効化されるようです。

それでもiPhone5より良いスコア

気になるのはこのスコアで操作感にどれほど影響するのかという点ですが、低電力モード時のマルチコアの「1751」というスコアはiPhone5や5c、第4世代iPadよりも良い結果になっているようです。

Geekbench score hikaku

このスコアなら低電力モードでもそこそこ使える気がします。

参考:Geekbench BrowserGIZMODEMacRumors
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。