WWDC 2017発表内容まとめ iPad Pro/iMac Pro/MacBook/iOS 11/macOS High Sierra/HomePod

WWDC 2017-3

6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)に開催されたWWDC 2017にて発表された製品についてまとめました。

Sponsored Links

発表製品

iPad Pro

WWDC 2017-4

  • 新型iPad Pro10.5/12.9インチモデル登場
  • リフレッシュレート120Hz、明るさ600ニト、色域P3、反射率1.8%の地球上で最も優れたディスプレイ搭載
  • 64ビット、6コア、高効率でほとんどのノートパソコンよりパワフルなA10X Fusionチップ搭載
  • リフレッシュレートの向上でApple Pencilが一段と滑らかに、使い心地がより自然に
  • iOS11の新機能、Dock、ファイル、ドラッグ&ドロップ、新たなAppスイッチャー、強化されたマルチタスキングでまるでMacのように使える
  • 10.5インチモデルは重さはわずか469g、厚さは6.1mm
  • iPhone 7と同等の12万画素背面カメラ、7万画素前面カメラ搭載
  • フルサイズのSmart Keyboard搭載
  • 2倍高速なTouch ID搭載
  • 最大512GBのストレージ
  • 価格は10.5インチが69,800円〜、12.9インチが86,800円〜

iOS 11

WWDC 2017-5

  • iPadが限りなくパワフルに
  • ファイルアプリケーション搭載でデータ管理が可能に
  • Dock搭載で素早くアプリにアクセス
  • マルチタスキングの強化でこれまで以上に快適に
  • ドラッグ&ドロップで画像、テキスト、ファイルなどの移動を簡単に
  • Apple Pencilでできることがより多く
  • 全ての文字、数字、記号、句読点の入力がフリック操作で可能に
  • iOSデバイス上のカメラ経由でAR(拡張現実)が可能に
  • Live Photosで一眼レフのような長時間露光が可能に
  • カメラにプロ品質のフィルタ追加
  • App Storeが新しく
  • メッセージがより少ないタップで利用可能に
  • Siriがより賢く自然な声に
  • Siriが話すだけでなく、入力する文字を予測、提案が可能に
  • コントロールセンターのデザインが新しく
  • ロック画面で通知が一目で確認できるように
  • iPhone向けキーボードが片手向けに片側に偏るように
  • 新しいiPhoneやiPadを購入した場合は近づけるだけで設定が完了に
  • 今秋リリース

iMac

WWDC 2017-6

  • 第7世代(Kaby Lake) Core i5/i7搭載
  • 高性能GPU Radeon Pro搭載
  • 標準でFusion Drive搭載
  • 従来より50%高速、最大3TBのSSDを搭載可能に
  • 500ニトの明るさ、10億色のRetinaディスプレイ搭載
  • Thunderbolt 3搭載
  • テンキー付きMagic Keyboard登場

MacBook

WWDC 2017-7

  • 第7世代(Kaby Lake) Core m3/i5/i7搭載
  • 50%高速なSSD搭載
  • パフォーマンスが最大20%向上
  • MacBookで最大16GBメモリ搭載可能に
  • Pro:500ニト、P3対応Retinaディスプレイ搭載
  • Pro 15:高性能GPU Radeon Pro搭載

iMac Pro

WWDC 2017-8

  • 史上最強のデスクトップMac、iMac Pro発表
  • 最大18コアのXeonプロセッサ搭載可能
  • 最大11TFLOPS(単精度)のRadeon Pro Vega搭載可能
  • 最大128GB 2,666MHz DDR4 ECCメモリ搭載可能
  • 最大4TB、3GB/sのSSD搭載可能
  • Thunderbolt 3×4、10Gb Ethernet搭載
  • 500ニトの明るさ、10億色の色表現、P3の色域対応5Kディスプレイ搭載
  • デュアルブロワー、超大型放熱板、追加の通気構造で効率的な排熱を実現
  • 全く新たなスピーカーで、幅広い周波数応答、豊かな低音、より大きな音量を実現
  • 全てのアクセサリがブラック仕様に
  • 価格は4999ドル(約53万)〜
  • 発売は12月

macOS High Sierra

WWDC 2017-9

  • Apple File System対応でファイルがより高速かつより安全に
  • HEVC対応で40%高い効率で圧縮された4K動画を視聴可能に
  • Metal 2対応によりGPUがよりパワフルに、外付けGPUもサポート
  • バーチャルリアリティ(VR)に対応
  • 写真、Safari、Siri、メール、メモ、Spotlight、Facetime、iCloudなどの細かな改善

watchOS 4

WWDC 2017-10

  • アクティビティ:よりグラフィカルに、前月の目標にもとづいて目標を設定
  • ワークアウト:新デザイン、すばやくスタートが可能、高強度インターバルトレーニングもモニタリング可能、水泳の記録機能強化、ジムのマシンとの同期も可能に、すばやくワークアウトの切り替えも可能、ワークアウト起動時に自動で通知をオフにできる
  • ミュージック:新デザイン、Apple MusicのプレイリストがApple Watchへ自動同期
  • Siri:必要な情報を先読みして表示可能に
  • 文字盤:万華鏡の文字盤、トイ・ストーリーの文字盤が登場

Home Pod

WWDC 2017-11

  • Siriを搭載した新デバイス「Home Pod」
  • 7つのツイーターに大型ウーハー搭載でエレガントなサウンドを実現
  • A8チップ搭載で音楽再生中でも声を認識可能
  • 部屋の中であれば、声をかけるだけで聞きたい曲をいつでも聞ける
  • 曲を再生するだけでなく、スマートホームデバイスの管理も可能
  • 対応デバイスであれば、声をかけるだけで部屋の明るさを変えたり、部屋の温度を調節したりすることなどが可能
  • 発売は12月

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。