次期Atomに相当する低価格向けCPU「Apollo Lake」はCPU・GPU性能が30%向上か!?

apollo lake leak-1

Liliputingによりますと、2016年後半にもリリースが予定されている低価格向けCPU「Apollo Lake」はCPU・GPU性能が30%向上しているとのことです。

Sponsored Links

性能向上、バッテリ駆動時間の改善など実現

情報によりますと、「Apollo Lake」の主な変更点は以下のようになっています。

  • CPU性能が30%向上
  • GPU性能が30%向上(第9世代Intel graphics採用)
  • DDR3L、LPDDR3、LPDDR4メモリのサポート
  • バッテリ駆動時間が15%延長
  • USB type-Cのサポート

この変更点を見る限り、「Apollo Lake」はかなりの性能向上が期待できそうです。

特に最新のUSB-CやLPDDR4をサポートしている点は素晴らしいですね。

今回からはAtomが廃止され、Pentium/Celeron向けのCPUのみとなっています。

少し複雑なのでその具体的な構成をまとめますと、

一世代前の第4世代「Airmont」アーキテクチャでは、デスクトップ・ノートPC向けにPentium/Celeron「Braswell」とタブレットPC向けにAtom「Cherry Trail」と分かれていたのに対し、

今回の第5世代「Goldmont」アーキテクチャでは、デスクトップ・ノートPC(タブレットPC?)向けのPentium/Celeron「ApolloLake」のみとなっています。

そのためAtomの次期モデルは存在しないことになりますが、おそらくその代わりに今回のPentium/CeleronにAtomに相当するモデルが追加されるものと思われます。

Atomは現行モデルで終了?Intelが次期Atomのキャンセルを発表
米Intelは次期Atomプロセッサである「Broxton」及び「SoFIA」の投入をキャンセルすることを発表しました。

参考:北森瓦版Liliputing
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。