次世代CPU「KabyLake」は今年6月にも量産開始か!?メディア機能中心に強化

Intel CPU-8

The Motley Foolによりますと、Intel関係者のプロフィールより次世代CPUである「KabyLake」が2016年6月にも量産開始されることが判明しました。

Sponsored Links

KabyLakeはメディア機能中心に強化

KabyLakeは現行のSkylakeの後継となるIntelのCPUですが、このCPUはSkylakeとその前のBroadwellと同じ14nmプロセスで製造されるようで、基本的にはSkylakeのリフレッシュモデルとなる見込みのようです。

IntelはこれまでTick-Tock(チック・タック)という毎年プロセスルールの微細化とアーキテクチャの改善を交互に行うという戦略をとってきましたが、今回のKabyLakeで初めてその戦略が崩れることとなりました。

KabyLakeはSkylakeのリフレッシュモデルとのことで、SkylakeからわずかにCPU、GPU性能が強化され、メディア機能(ビデオ再生など)が中心に強化されるモデルとなるようです。

KabyLake Uシリーズ、Yシリーズは2016年第3四半期(6月〜9月)にもリリースが予定されており、今回の6月の量産開始も妥当なものと思われます。

ちなみにKabyLakeはSurface Book 2にも搭載されるとも言われています。

参考:北森瓦版The Motley Fool
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。